ゴルフ100切りを目指す

ゴルフ100切りを目指すのに大切な事は

 

ゴルフ100切りするには正確なスイングショットが大切です。

 

ゴルフをはじめてゴルフ場でプレーをしはじめるとどうしてもスコアが気になってしまいます。最初のうちは多くの場合ゴルフスコア100を切るのが目標となるのですが、なかなかすぐにはスコア100を切るのは難しい場合が多いです。

 

まずゴルフ100切りを目指すには正確なスイングショットや的確なアプローチが必要となってきます。

 

ゴルフ練習場では上手くできるのにゴルフ場でプレーするとミスショットが多くなるプレイヤーもいるのでどの様な場所でも正確なショットが打てるようにしておいた方が良いです。

 

スコア100を切れない場合にはOBを出したりミスショットをしたりと無駄な所でスコアを崩している場合が多いので1打1打大切にして正確なスイングショットを打つ事が大切です。

 

ティーショットを打つ時も肩に力が入ったり飛距離を気にしたりして普段通りのスイング軌道を描けずにミスショットになってしまう場合が多いのでまずはゴルフ練習場で行っている様な自分のベストショットを打つようにすると良いです。

 

ボールを真っ直ぐ飛ばす事を心がける

 

ゴルフ場でプレーをしていてスコアが崩れてしまう原因としてスライスやフックをしたりOBを出してしまったりとボールが真っ直ぐに飛ばない事が原因になることが多いです。

 

ボールが真っ直ぐに飛ばない原因として力が必要以上に入ってしまったり飛距離を伸ばそうとしてスイングを崩してしまう場合が多いです。

 

ゴルフ場でプレーすると練習場とは違い広大な場所でプレーをする為にボールを遠くに飛ばそうとして飛距離を気にしてしまいがちです。

 

ただ飛距離を気にしてしまうとインパクトの瞬間に体が開いてしまったり必要以上に力が入ってしまいボールをひっかけてしまったりとミスショットに繋がりやすいので練習場通りのスイングショットが打てるようにリラックスしてプレーする事が大切です。

 

ボールを真っ直ぐに飛ばす事を心がけると肩に無駄な力が入らずにスライスやフックをしたりOBを出してしまったりする確率が各段に下がりスコアメイクしやすくなるので良いと思います。

 

スコア100切りを目指すには飛距離を気にせずにフェアウェイ場にボールを飛ばしてミスショットを減らし着実にプレーしてスコアを崩さずにプレーする事が大切となります。

 

アプローチとパターの練習もするとスコアを縮められる

 

ゴルフの練習というとドライバーやアイアンなど飛距離を飛ばすスイングショットを重点的に練習してしまいがちですが、ゴルフスコア100を切るにはアプローチとパターの練習が必要となる場合が多いです。

 

ゴルフをはじめたばかりのプレイヤーはドライバーやアイアンばかり練習してアプローチとパターの練習をあまりしない方もいて実際にゴルフ場に行った時にアプローチが上手にできなかったりパターで何打も打ってしまいスコアを崩してしまう場合が多くあります。

 

アプローチは短い距離の10〜20ヤードや少し長い30〜50ヤードなどできれば10ヤード単位で正確に打ち分けられる様にしておくとスコアを縮められるので良いと思います。

 

またアプローチショットはフェアウェイで打つ場合とラフから打つ場合ではフェイスに芝がかかる兼ね合いから飛距離も変わってくるのでフェアウェイとラフからのアプローチショットを練習しておくと良いです。

 

パターはゴルフ場によって芝の刈ってある長さが違うのでボールのころがる早さや距離も変わってくるのでプレーをする前には必ずそのゴルフ場に設置してあるパターを練習する所で距離感やボールのころがる早さなどを感覚で覚えておいた方が良いです。

 

一見するとアプローチやパターは飛距離の出るドライバーショットやアイアンショットと比べると地味に見えてしまいがちですが250ヤード飛ばすショットも1ヤードのパターも同じ1打なのでゴルフスコア100切りを目指すには正確にミスショットのない様にプレーして行きましょう。

 

 

 

⇒ 小原大二郎の7日間シングルプログラム 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 
 

 
ゴルフ7日間シングルプログラム評判